CRAZY KITCHEN

CONTACT
お問い合わせ
03-6426-6280

COLMUNコラム

医療従事者の皆様への食事支援、始めています。

日々のこと

DATE
2020/05/15

新型コロナウイルスの影響がより深刻化し、
いつ収束するのか、まだ先行きが見通せない状況となっていますね。
緊急事態宣言の延長、外出自粛などの影響で、
外食業界は大きな打撃を受けており、弊社も例外ではありません。

ケータリングについては、2月末よりすべてのご依頼がキャンセルとなり、
いつ再開できるのかわからない中、
この状況に対してできることを考えていました。

仕事のほとんどがキャンセルになった状況の中で、
生き残っていくためには利益を出さないといけない…。
ただ、企業の本質は、売上と利益を考えることはもちろんですが、
どうお客様に喜んでいただくか、 どう世の中の役に立つかだと思うんです。

「食べる側の命も、食べられる側の命も、どちらも大切にしたい」と思い、
5年前に立ち上げたCRAZY KITCHEN。

(創業時のHPビジュアル)

そして、3月より徐々に報道され始めた医療機関の現状。
医療物資が不足しているという問題だけでなく、
医療従事者の方々の肉体的、そして精神的な負担はあまりに大きく
危機的な状況だと感じました。

今、CRAZY KITCHENが貢献できる
「食べる側の命」は医療従事者の皆様、
「食べられる側の命」はレストランや百貨店の休業等により行き先を失った食材たちだと思い、
ロス食材をメインとした、医療従事者の皆様への食事の無償提供を、4/22よりスタートしました。

スタートするにあたり、今回の支援が一方的な押し売りにならないよう、
これまでクライアントへ細かくヒアリングを行ってきたケータリングの強みを生かして、
病院1軒1軒へヒアリングを実施し、
各病院のニーズに合わせた食事をお届けしています。

なお、本取り組みについては、親会社であるオイシックス・ラ・大地株式会社の
「WeSupport」と連携して行なわせていただいており、
弊社としても初めての試みになりますので、
衛生管理と体調管理をしっかり行った上で進めています。

また、多くの生産者さんにもご協力いただき、
医療従事者の方々への食事の支援を通じて、少しでも健康の維持と、
明日も頑張ろうと思っていただけるような温かな気持ちを届けることができています。

引き続き、新型コロナウィルスの少しでも早い収束のために
今私たちにできることを1つずつやっていきます。

※5/15時点にて、これまで1,450食のお弁当を永寿総合病院さんへご提供しました。
 (お届け先は今後少しずつ増やしていく予定です)

最後に、新型コロナウィルスが世界規模で猛威を振るう中、
新型コロナウィルス感染症によりお亡くなりになられた方々には
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、感染により現在回復に向けて治療をされている方々にも
心よりお見舞い申し上げます。